エレキギターはアンプなしで練習したら絶対ダメ!ギターが上手くならないよ

エレキギターを練習するとき、アンプを使用しているでしょうか。エレキギターの練習では必ずアンプを繋がないと上手くなりません。

エレキギターを弾いているとき、生音では弾けているようでも雑音だらけで弾けてないということがよくあります。

私も昔は周りの音を気にして生音で弾いていましたが、もったいないことをしていました。

今回はエレキギターアンプなしがダメな理由と周りに迷惑ならずに練習する方法について紹介していきます。

エレキギターはアンプなしがダメな理由

エレキギターの生音とアンプの音は全然違う

エレキギターを生音で練習してみると、生音では「ペンペン」という音しか鳴りません。

ギターの弾いていても音の強弱などもありますが、調整もすることができないのでまったく違うことになってしまうのです。

エレキギターの生音はコードの確認やピッキングの確認にはよいですが、音の確認には向いていないので注意しましょう。

不要な音をミュートできるようにならない

エレキギターの上手くなる要素として、コードの通りに弾けることはとても重要です。しかし、ミュートがしっかりできることが上級者になるための一つだと感じています。

生音で練習すると音が小さいため、ミュートされているか聞き分けることができず上達することができません。

ミュートを上達させたいなら、アンプをミュートできているか確認しながら練習しましょう。

周りの迷惑ならないように練習したい

ヘッドホンで練習する

夜遅い時間や壁が薄い家で音を出せないときってありますよね。この「amPlug 2」はギターのプラグに接続アンプにヘッドフォンを挿すことができる商品です。

私はマンションに住んでいるため周りのことを気にすることが多かったですが、この商品を購入してからまったく気にせず練習できるようになりました。

アンプなしで練習がダメな理由まとめ

エレキギターはアンプで練習しなければ上達しないことは私の経験から断言します。私も最初からアンプで練習すればよかったと少し後悔しています。

アンプなしで練習しようとしている方は絶対アンプで練習してくださいね。

▽私のおすすめアンプです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA