【初心者向け】ギターのチューニングのやり方を分かりやすく解説

ギターを弾く前に必要なことがチューニングです。チューニングとは、ギターの音を正しい高さに合わせることです。チューニングの方法はエレキとアコギで共通です。

ここでは、チューニングの中で一般的な「レギュラーチューニング」について紹介していきます。

チューニングはギターの基礎中の基礎なので、必ずできるようにしましょう。

この記事を読むと分かること

  • チューニングに必要なもの
  • チューニング方法
  • 音程の覚え方

ギターのチューニングに必要なもの

ギターのチューニングには、チューナー(ギターをチューニングする機器)が必要です。ギターのチューナーはエレキとアコギで共通です。

チューナーは様々な種類がありますが、クリップ型チューナーが人気です。

私は3年くらいこのクリップ型チューナーを使用していますが、1度も壊れたことがありません。1個1,000円程度で販売されているので、必ず揃えるようにしましょう。

そのほかにもギターのチューニングアプリもあり、チューナーがないときなどに便利です。

ギターのおすすめチューニングアプリの使い方を徹底解説

ギターのチューニングをする前に

ギターは上の写真のように弦の位置が決まっていて、ギターの弦が太い方からだんだん細くなるように並んでいます。ギターは6弦、5弦、・・・、1弦とチューニングを行います。

6弦からチューニングをするのは1弦が最も細いため、チューニングが狂いやすいからです。

また、弦の張りを調整するものはペグと呼ばれて、ペグを回すことでチューニングを合わせることができます。

ギターのチューニングをするとき、開放弦(指で弦を押さえず音を出すこと)を合わせる必要があり、以下のように各弦の音を合わせます。

各弦の音

  • 1弦・・・E(ミ)
  • 2弦・・・B(シ)
  • 3弦・・・G(ソ)
  • 4弦・・・D(レ)
  • 5弦・・・A(ラ)
  • 6弦・・・E(ミ)

ギターの開放弦を一々調べることも面倒なので、必ず覚えておきましょう。私が色々覚え方を調べたときに、一番覚えやすかったものを紹介します。

各弦の音の覚え方
6弦から「い(E)え(A)で(D)じ(G)ーちゃんとば(B)ーちゃんがエ(E)ッチする」です。

色々な教則本に音の覚え方が紹介されているので、覚えやすい方法で覚えましょう。

ギターのチューニング方法

クリップ型のチューナーのチューニング方法について説明していきます。

STEP.1
チューナーを設置する
チューナーの電源を入れて、ギターのヘッドに付けます。

STEP.2
6弦のチューニングをする

弦を指で鳴らすと、今の音程がチューナーに表示されます。6弦の場合、チューナーに表示される音程がEの音に合うようにペグを回します。

チューナーにEの音が表示され、ランプが真ん中にくるように合わせられれば大丈夫です。

チューニングは、弦を緩めた状態から締めるように合わせましょう。弦を締めた状態から緩めていくと、チューニングが狂いやすいので、注意してくださいね。

STEP.3
他の弦もチューニングする

同様に5弦、4弦の順にチューニングを合わせていきます。注意点として他の弦と音が混ざらないように1つの弦が終わったあと、弦を振動を止めてから次の弦をチューニングしましょう。

STEP.4
再度チューニングする

再び6弦から1弦までチューニングを行います。2度チューニングするのは1弦までチューニングしたあと、最初にチューニングした弦の音程が狂っているからです。

2度チューニングすることで音程がとても安定します。

まとめ

ギターのチューニングには、チューナーがを持っていない方は必ず揃えましょう。最初はチューニングに時間がかかるかもしれませんが、慣れれば1分以内にできるようになります。

これから何度もチューニングをすることになるので、各弦の音(EADGBE)は覚えておくと便利です。

チューニングはとても音程が狂いやすいので、練習前に必ずやるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA