ギターのFコードの押さえ方|初心者でも簡単に押さえるコツ

初心者がFコードを押さえることが難しいことから、Fコードの壁で挫折したという話をよく聞きます。私も最初はFコードの音がほとんど出ていなかったのですが、練習することでFコードを出せるようになりました。

私がFコードを出せるようになったコツについて参考になると思うので紹介していきます。

Fコードを押さえ方

Fコードは以下のように4本の指で押さえます。

Fコードの配置

  • 人差し指:1~6弦の1フレット
  • 中指:3弦の2フレット
  • 薬指:5弦の3フレット
  • 小指:4弦の3フレット

Fコードが難しいとされている理由は、人差し指でバレーコード押さえなければいけないことです。バレーコードとは、1つの指で複数の弦を押さえることです。

ギターの弾く目線でコードを押さえているところを撮ってみましたので、ぜひ参考にしてください。

Fコードを押さえるコツ

人差し指は側面で押さえる

バレーコードは人差し指の側面で押さえるようにすると、音が出やすくなります。指の側面はとても押さえづらく指が痛くなりますが、我慢して何度も練習してみましょう。

親指はネックの裏から指圧するように押さえる

Fコードは押さえる箇所が多く、指に力が入らないことが多々あるため、ネックの裏から押さえることが重要になってきます。

親指はネックの裏から指圧して他の指に押しつけるように押さえてみましょう。

Fコードの押さえ方まとめ

Fコードの押さえ方についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。Fコードは初心者には難しいので、最初はなんとなく弾ければ問題ありません。

何度もFコードを練習して弾けるようになってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA