【初心者必見】ギターの種類と特徴|人気の定番モデル

ギターには、アコースティックギター(アコギ)とエレキギターがあることは知っていると思いますが、アコギとエレキギターには様々な種類のギターが存在します。

持っているギターの特徴を理解すると、ギターの良さを分かってきます。

アコギとエレキギターの種類と特徴について紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

アコギとエレキギター

アコースティックギター(アコギ)

アコギは弦の振動を空洞になっているボディで共振、増幅させて音を鳴らす楽器です。アコギはエレキギターと違って電気信号で出力しないので、どこでもアコギを弾くことできますが、音量を調整できないため演奏する場所や時間帯が限られます。

弾き語りをしてみたい方におすすめのギターです。

アコギの有名メーカー

  • Gibson(ギブソン)
  • Martin(マーチン)

エレキギター

弦の振動をピックアップと呼ばれるマイクで拾って電気信号に変換し、アンプを通して音を増幅させる楽器です。

エレキギターはアンプがないと弾くことができませんが、アンプで音量調整ができるため比較的遅い時間帯でも演奏することが可能です。

エレキギターの有名メーカー

  • Fender(フェンダー)
  • Gibson(ギブソン)

アコギの種類

ドレットノート

ドレットノートの特徴

  • 低音が強くバランスが整っている音質
  • ネックが太く初心者に不向き

ドレットノートはMartin(マーチン)が発表したアコースティックギターの商品名です。また、ボディが大きく、低音が強くバランスが整っている音質であることが特徴です。

ドレットノートはフォークやロックに向いているギターです。

OOO(トリプルオー)

トリプルオーの特徴

  • 音色が柔らかい
  • ネックが細く握りやすい

ドレットノートよりボディやネックが小さく持ちやすく、初心者や手の小さい女性におすすめのギターです。

音色はドレットノートに比べると音が小さく、柔らかいのが特徴です。

ガットギター

ガットギターの特徴

  • ナイロン弦を使用している
  • スティール弦に比べて音色が柔らかい

ドレットノートなどのギターはスティール弦を使用していますが、ガットギターはナイロン弦を使用しています。スティール弦を使用しているギターに比べて音色が柔らかく、クラシックやジャズに向いているギターです。

エレキギターの種類

ストラトキャスター(ストラト)

ストラトキャスターの特徴

  • 重量が軽くバランスがよい
  • 有名なギタリストも使用(エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリックス)

ストラトキャスターはFender(ギブソン)の登録商品で、ストラトキャスターと呼ばれるのはFenderのギターのみです。そのほかのメーカーはストラトキャスターなどと呼ばれています。

ロックやメタルなど様々な音楽で使用されています。

レスポール

レスポールの特徴

  • 重量が重い
  • パワフルで甘いサウンド

レスポールはGibson(ギブソン)の登録商品で、レスポールと呼ばれるのはGibsonのギターのみです。そのほかのメーカーはレスポールなどと呼ばれています。

ロックやメタルなど様々な音楽で使用されています。

テレキャスター(テレキャス)

テレキャスターの特徴

  • 構造がシンプル

ストラトキャスターに比べてパワフルなリア・ピックアップ、マイルドなフロント・ピックアップを搭載しています。

カントリー・ミュージックや、ロック、ブルースで使用されています。

ギターの種類と特徴まとめ

ギターの定番モデルについて紹介しましたが、今回紹介したもの意外にもたくさんの種類があります。

ギターの種類によってギターの音や持ちやすさが異なるので、店舗で試奏してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA