アコギとエレキギターの違い|初心者ならどっちから始めるべき?

これからギターを始めようと思っている方で、アコースティックギター(アコギ)とエレキギターのどちらから始めようか迷ったいる方も多いかと思います。

私はエレキギター、アコースティックギターの順で習得しました。もし、弾きたい曲があってギターを始めるならば、好きな方を選ぶべきですが、とくに決まっていなければ、アコギから習得するのがおすすめです。

今回は、私の経験を踏まえてどちらから始めるべきか解説していきます。

この記事を読むとわかること

  • アコギエレキギターの違い
  • アコギとエレキギター好きな方からやるべき
  • アコギから習得するのがおすすめな理由

アコギとエレキギターの違い

アコースティックギター

アコースティックギターとは、弦の振動を空洞になっているボディで共振、増幅させて音を鳴らす楽器です。アコースティックギターを略して「アコギ」と呼ばれています。

ギターの音量、音色はボディの大きさ、素材、形によって異なります。

エレキギター

エレキギターとは、弦の振動をピックアップと呼ばれるマイクで拾い、アンプを通して音を増幅させる楽器です。

エレキギターの音色は、エフェクターと呼ばれる機器を使用すると電気的に音が変わります。

アコギとエレキギターどちらがおすすめか

アコギとエレキギターどっちから始めるべきかよく議論されることが多いですが、好きな方から始めるのがよいと思っています。もちろんアコギは生音、エレキギターはアンプから音を出力といった違いはありますが、ソフトテニスとテニスといった違いしかありません。

もし、アコギとエレキどっちにしようか悩んでいるという方であればアコギがおすすめで、その理由をこのあと説明していきます。

アコギをおすすめする理由

ギターの基礎が身につく

6弦と5弦、もしくは5弦と4弦を指2本で押さえるコードをパワーコードと呼ばれています。エレキギターはこのパワーコードを習得することにより、ある程度演奏ができてしまいます。

それに対して、アコギは1弦から6弦で構成されるコードを押さえる必要があり、基本的なコードを習得しなければ曲を弾くことはできません。

アコギの弦はエレキギターより硬い

アコギの弦はエレキの弦より硬くできているため、アコギが弾ければエレキギターはとても簡単です。逆にエレキギターからアコギというのは、とても弦の硬さから慣れる必要があります。

私もエレキからアコギの順で弾くことにしたので、弦の硬さでとても苦労しました。

よくアコギかエレキギターが弾ければもう片方は簡単という話がありますが、実際は弦の硬さで演奏方法が違うので弾けるまでに時間がかかったりします。

初期費用が安い

エレキギターは本体の他にアンプ、ケーブルといったものを用意するのに対し、アコギは本体のみであるため初期費用を押さえることができます

アンプはちゃんとしたものを揃えようとすると、2~3万円くらいはかかってしまいます。予算に余裕があればどちらから始めてもよいですが、なるべく費用を抑えたいのであればアコギがよいでしょう。

まとめ

私の経験から言うとアコギから始めるのがおすすめですが、弾きたい曲があれば好きな方を選びましょう。私はエレキギターからはじめましたが、弾きたい曲がエレキギターだったからです。

特に決まってないという方は、基礎から習得できるアコギから始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA